provided by きあらきあら

月桃とは月桃とは

月桃とは

桃のように愛らしく、月のように高貴な印象の花を咲かせる月桃は熱帯・亜熱帯に自生するショウガ科の植物です。日本では沖縄県で古くから親しまれています。

アロマ、防虫剤、防カビ剤、抗菌剤等、期待される役割は多岐にわたり、成分研究技術の未発達であった時代には「魔除け」のために使われたことも。そして現代、この月桃が持つ能力が美容の観点からも見直されています。

月桃とは

高い抗酸化作用で「錆びない」肌へ。

ゲットウ(月桃)には沢山のポリフェノールが含まれ、その量は何と赤ワインの34倍ともいわています。しかもこのポリフェノールは大きく分けて2種の成分から構成され、ひとつはタンニン類、もうひとつはフラボノイド類です。

タンニンはアンチエイジング効果や抗ガン効果、さらに脂肪吸収を抑制効果など若々しく健康な状態に保 つ助けが期待でき、フラボノイドはビタミンCの吸収を促し、コラーゲンの生産を促進、みずみずしくハ リのある肌へと導きます。

古くから生活に溶け込んで人間に役立ってきた月桃。成分分析技術が進んだ現代、詳しく研究してみると期せずして、美容にも非常に優れた作用をもたらす成分構成となっていたことが分かったのです。

高い抗酸化作用で「錆びない」肌へ。

月桃と生きる、月桃が生かす、あなた本来の美しさ。

このように美容の側面から注目が高まっている月桃を水や不純物を含まずお届けするのが「きあら」です。水や不純物を含まないから、きあらはボトルの中で月桃がそのまま生きています。

生きた月桃はあなたの肌で体内で、あなた本来の美を引き出すために動き始めます。

きあらは、すっと浸透し、ふんわりとベールにつつまれたような使い心地が得特徴です。それはまさに化学成分で強引に作り出す美肌作用とは違った、生命のあたたかさを感じる使いごこち、とも言えます。

月桃と生きる、月桃が生かす、あなた本来の美しさ。